釣りクマ

主に道南エリアの釣り場を紹介します。

北海道道南釣り日記②(砂原漁港)

・ 砂原漁港釣果日記

 北海道道南 2018年5月上旬。

 ゴールデンウィークが開けたが、全体的に道内の天気は悪い。

 そんな時、友人がルアーロッドを買ったので、なんでもいいから試し釣りをしてみたいといったので、ロックフィッシュをしようという事で、砂原漁港に来てみた。

 砂原漁港は函館本線(海沿いの道路)にあり、結構大きな漁港だが、前回の森港とは同じ森町内の漁港だが、車で30~分くらいと結構な距離がある漁港である。

 飲食店は少ないが、道の駅「つど~る・プラザ・さわら」で売っている帆立めしは、値段が手頃なのでそこそこいけるとおもう。

 漁港についたのは、午後7時前後。(ロックフィッシュなんで夜にした)

 薄暗くなってきた所だ。

 ここも、魚種は森港に近いため似ていて・・・。

・クロゾイ

・アブラコ

 たぶん、昼間はチカなんかも釣れると思う。

 漁港には、漁船がビッシリ敷き詰めていて、車を横止めするスペースを探して漁港内を回ってみる。すると、中央の北防波堤のあたりのスペースが空いていたので、そこらに車を停めて、準備を始める。

 ここは、数年前に大規模な改修工事が行われて、真ん中あたりにできた突起した場所だ。

 まわりを見ると、他にも2グループあたりいて、横止めした車横にアルミ三脚に2~3本の竿があった。

 私と友人はロッドにリール付けて、夜行色のワームをつけて、北防波堤の岩礁帯のあたりまで移動した。

 適当に海草の茂っている岩に軽く投げて探ってみる。

 それを数回繰り返していると、軽いヒキを感じたので上げてみると、拳よりもう少し小さいのクロゾイだった。

 サイズがイマイチだったので、さっさとリリースする。

  友人は根掛かりしたようで、緩めても引いてもなかなか抜けない。深く掛かってしまったようだ。

 仕方が無いので、PEライン用のハサミで切る事にした。

 友人は、釣りをやるとよく根掛かりして、これがストレスになるようで、何故か岩礁帯の釣りをやめて、停泊している船の間に落として探る事にした。

 その後も、何度か釣れたが、どれもさっきと同じ小型のクロゾイばかりなので、全部リリースした。

 防波堤から、戻ってみると、友人は停泊している船の間を探っていた。

 時計をみると、午後9時半くらいになっていたので、そろそろ帰るか?訊くと1匹くらいは、釣りたいというので、1匹釣れるまではやることにした。

 ちょい投げしたり、足下に落としてみたりして、ワームの色を変えたりして、探っていると、頭にヘッドライトをつけた二人組がきて「釣れましたか?」

 と訊かれたので「全然」と首を振った。

「そちらは?」とこちらが訊くと、片方が持っていたクーラーボックスを開けた。

 中には20~30㎝くらいのクロゾイが数匹はいっていた。

 二人は向かえ側の北外防波堤のあたりで釣ったらしい。

 10時になり、そろそろ飽きてきた時に、友人の声がして。

「来たわ、来たわ」

 というので、近寄るってみると、ロッドがしなり、友人は興奮気味に巻き上げると、クロゾイだった。

 車にあった定規で計るとだいたい16㎝くらいだった。

 友人は首をかしげて「おかしいな、もっとデカイと思ったわ」

 ともかく、1匹はつれたので、満足したようで、帰る事にした。

 クロゾイは1匹だったし、サイズが中途半端なんで、そのままリリースした。

 

◆本日の釣果(砂原漁港)

・クロゾイ(だいたい16㎝)1匹(友人)

◆釣り時間

午後7時~午後10時くらいまで。