釣りクマ

主に道南エリアの釣り場を紹介します。

道南(北海道)釣港案内 【函館港① 中央埠頭・万台埠頭】

向き合う二つの、埠頭の岸壁

・所在地(所在地は正確ではなく、だいたいの位置である事もありますがご容赦ください)

 〒040-0061 北海道函館市海岸町

f:id:hateburoponnpu:20180719195511j:plain

 

 

 道南最大の都市である函館。

 テレビ番組などでもよく取り上げられ、北海道に直接行った事の無い人でも、北海道の都市の中で、札幌と函館は名前だけは知ってる人も多いだろう。

 夜景、グルメ、コンサート、映画、ドラマ撮影など観光要素には事欠かない所だが、函館港、つまり函館の港は規模がデカイ。

 漁業関係者の使用する漁港だけでなく、外国船が停まる港、海上自衛隊、フェリー港など多々の利用目的がある。

 そのため、函館港は、海岸の市街地全体に広がる。道南の中でも最大規模の港になる。

 ただ、函館港といっても、ひとつの大きな港があるというよりは、函館山から北斗方(港町)面まで、一帯の事で、実際は小~中規模の漁港や港が所々にあり、移動には車などを利用しないと、回れないほど広い。

 実際に函館港は、港そのものは、直接は繋がってなく、港間の移動ではできず、個別の目的に応じた港がある感じだ。

 そのため、函館港は各エリアにわけて説明する事にする。

 今回は「中央埠頭・万台埠頭」エリアを説明する。

 中央埠頭・万台埠頭は、函館港のだいたい真ん中あたりに位置する所で、JR線を越えた所にあり、道路のある大通りからはわかりずらい所にある。

 場所的にはベイエリアtからの巴大橋を渡りきったあたりだ。

 まずは、見取り図で、おおまかに確認してもらいたい。

↓ 中央埠頭、万台埠頭港見取り図

 *中央埠頭、万台埠頭見取り図。赤い□部分はゲート。

f:id:hateburoponnpu:20180701212744j:plain

 

・中央埠頭(Ⓐ)

 中央埠頭内は、函館湾合同庁舎という建物があるが、その左右が釣りのポイントになる。

 その右側にあるのが万台埠頭で、中央埠頭と万台埠頭は向かい合ってU字型になっている。万台埠頭は木材や機材などの置き場になっている場合が多く、頻繁にトラックなどの出入りしているので注意が必要。

 ただ、忙しい時以外は、スパースがあり、車を横止めしてすぐに釣りがはじめられる。

 地元ではポピュラーな釣り場で、朝~昼~夜でも、比較的多くの釣り人がいる。

左側はとくに資材置き場になっている事も多い事から、どちらかといえば、右側港内のゲートから合同庁舎くらいまでで、釣りをしている人が多いが、庁舎裏のほうになると、水深も結構な深さになる。

 魚種も多彩で、サビキ釣りでは、チカ、イワシ、サバなどが狙え。

 チカは、春~夏で、初夏~秋にかけては、イワシやサバが来る事が多い。

 例年3月~5月くらいには、クリガニ(小さい毛蟹のようなカニ)が釣れる

ポイントでもある。

 他に合同庁舎裏の浸水の深い所では、投げ釣りで、カレイ類なども狙える。

 ただし、中央埠頭は夕方にはゲートが閉じるので、夜~明朝は車で港内に入れず、ゲート手前のスペースで釣りをしている人が多い。

>主な魚種

 チカ、イワシ、サバ、クリガニ、カレイ類

>参考画像↓

 ↓中央埠頭

f:id:hateburoponnpu:20180701214156j:plain

↓夕方にはゲートが閉じる(次の日の朝にはまた開く)

f:id:hateburoponnpu:20180701214318j:plain

 

 

・中央埠頭~万台埠頭までの堤(Ⓑ)

 中央埠頭、万台埠頭は夕方にはゲートが閉じるので、スペースが狭まり釣りができづらくなる。

 そこで、夜は、中央埠頭から万台埠頭の間の道で、釣りができる。

 夜なので、主に港内にはいってくるアブラコクロゾイワームブラーで狙える。

 他には、季節の時はクリガニなどが釣れる。

 胸壁があるので、そこに竿をかけておくと便利だ。

 道幅も広く、通行人の邪魔になりづらい。朝よりも夜釣り時に向くポイントだ。

>主な魚種

 アブラコ、クロゾイ、クリガニ。

>参考画像↓

 ↓

f:id:hateburoponnpu:20180701215256j:plain

 

・万台埠頭(Ⓒ)

 中央埠頭とは、丁度向かい合わせになる埠頭。

 中央埠頭以上に、木材などの資材置き場になっていて、重機などが作業している事が多い。そのため少しオコリぽい事がある。

 釣りの仕様や魚種は、ほぼ中央埠頭と同じとみて良い。

 とくに、サビキ釣りやクリガニ釣りは、ポイントを変えると、よく釣れる事があるので、中央埠頭がイマイチだった場合はこっちで釣ってみるのも良いだろう。

 中央埠頭と兼ね合いになり、魚種、狙うポイントも似ている。

 こちらも、夕方にはゲートが閉じる。

 

>主な魚種

 チカ、イワシ、サバ、クリガニ。

>参考画像↓

 ↓

f:id:hateburoponnpu:20180701220334j:plain

↓ゲート

f:id:hateburoponnpu:20180701220551j:plain

 

◆個人的釣港総評◆

釣りやすさ

★★★

期待度

★★★★

オススメ度

★★★

 総評はあくまでの個人の感想ですのでご了承ください。

 

 水深があり、大物や入れ食いする場合もあるが、夕方にゲートが閉まったり、大型船が留まってたり、木材があったりする場合もあり、勝手知ったる地元の人間でないとやりずらく、仕切りが高いかもしれない。

 ちなみに、上記で記載しているクリガニ釣りの仕掛けは函館市内の釣り具店で専用の仕掛けが売られている(網や籠の使用は禁じれている)

 

 2017年~2018年夏くらいから、安定してイワシが釣れ始めたりしたため、期待度★アップ(2018 9/19)