釣りクマ

主に道南エリアの釣り場を紹介します。

道南(北海道)釣港案内 【函館漁港(入舟漁港)】

函館名物イカ釣り漁船が停まる漁港

・所在地(所在地は正確ではなく、だいたいの位置である事もありますがご容赦ください)

 〒040-0057 北海道函館市入舟町4−4

 

f:id:hateburoponnpu:20180718170254j:plain

 

 函館漁港は、函館の端っこにある漁港で、函館港④で紹介した西埠頭から、電車通りをそのまま進むとある漁港だ。

 入舟町にあるので入舟漁港とも呼ばれている。

 釣り場になるのは、西防波堤のほうで赤灯台があるほうだ。

 手前北防波堤側の港内は浅く、いろいろな船が停車しているため、釣り向きではないので、釣り場としては除外する。

 

釣り場のポイントは下記の見取り図で確認しよう。(赤い矢印は、入投ポイント)

 ↓見取り図

f:id:hateburoponnpu:20180702073237j:plain

 

・西埋立護岸(Ⓐ)

 港内すぐにあるこのポイントは、離岸堤が見える部分で、その近くには岩礁帯があるので、ワームブラーで探ってみると、クロゾイハチガラが狙える。

>主な魚種

 クロゾイ、ハチガラ

>参考画像↓

 ↓離岸堤と岩礁帯

f:id:hateburoponnpu:20180702073833j:plain

 

・港内一帯(Ⓑ)

 港内は浅めで、日中では底が見えるので、チカが回遊して時などはサビキ釣りで狙えるが、それ以外は基本的イマイチだが、夜釣りの港内へのちょい投げで、カレイが釣れる事もある。

 ただし、港内は結構根掛かりする。

 車を横止めできるのは、良いのだが・・・。

 港内が浅いためか、4月~5月に函館港一帯で釣れるクリガニは、ここでの釣果が望めない事が多いので、クリガニ釣りはおすすめできない。

 

>主な魚種

 チカ

>参考画像↓

 ↓港内一覧

f:id:hateburoponnpu:20180702074454j:plainf:id:hateburoponnpu:20180702074524j:plain

 

 

・西護岸~西防波堤(Ⓒ)

 ここで、一番狙いになる魚種は、ヤリイカであろう。6月~晩秋くらいまで狙えるが、釣果は秋の方が期待できそうだ。

西護岸の消波ブロック帯から、外海へ、エギングテーラー仕掛けを入投して、狙う。

 全体的にエギングよりは、テーラー仕掛けの浮き釣りが多い印象だ。

 イカ釣りは、性質上夕方~夜釣りが狙い目だが、消波ブロック越しになるので、足場には気をつけたい。

 イカが釣れているかどうかは、港の石床などに、イカスミで汚れていれば、イカが釣れた証拠なので、イカが釣れているかどうかの参考になるぞ。

 他には、西防波堤(赤燈台が目安)の先端からの投げ釣りで、カレイ類も狙え、遠投が有利だ。

>主な魚種

 ヤリイカ、カレイ類

>参考画像↓

 ↓西護岸の消波ブロック帯

f:id:hateburoponnpu:20180702075608j:plain

↓西防波堤先端

f:id:hateburoponnpu:20180702075711j:plain

 

 画像の情報が古い場合がありますが、あくまでも、参考程度にお考えください。

 個人を特定できそうな画像は極力、部分加工しています。

 

◆個人的釣港総評◆

釣りやすさ

★★★

期待度

★★★

オススメ度

★★★

 

 函館名物のイカを狙える漁港で、この漁港のまわりにはイカの加工場などもあり、なんとなくイカの釣れるイメージがあるが、イカは、近年は減少傾向にあり、釣りでも渋くなった印象がある。

 釣り人は地元の人間が多く、観光地から少し離れているので、ノンビリした感じがある。

  周りは民家や加工場で、コンビニや公衆トレイもないので、トイレや飲み物などは、電車通りにあるセブンイレブンですませおこう。

 総評はあくまでの個人の感想ですのでご了承ください