釣りクマ

主に道南エリアの釣り場を紹介します。

道南釣港案内【本別(出来澗)漁港】

鹿部の隠れ家的釣り場

・所在地(所在地は正確ではなく、だいたいの位置である事もありますがご容赦ください)

 〒041-1404 北海道茅部郡鹿部町本別

f:id:hateburoponnpu:20180726103349j:plain

 

 国道278号線から離れ、出来澗崎の山道を通って行くとあるのが、本別(出来澗)漁港だ。

 278号線を離れた道路は、左右が草木に囲まれた、道路で少し分かりづらい所にある。たまに草木から、キツネやタヌキが飛び出す事もあるので、夜などは注意しよう。

 少々説明しづらい位置にある本別(出来澗)漁港だが、それ故に隠れ家的な釣り場でもある。

 

釣り場のポイントは下記の見取り図で確認しよう。(赤い矢印は、入投ポイント)

 本別(出来澗)漁港見取り図

f:id:hateburoponnpu:20180726103639p:plain

 

・東防波堤(Ⓐ)

 東防波堤は投げ釣りのポイントだが、漁港内とは、草わらが遮っていて、港内の移動はできず、小道を使って行かなければならない。

 防波堤には車で入る事はできず。車は防波堤の入り口前で停めて徒歩で先端まで歩く。

 先端へつくと、外海側へ遠投船道へのチョイ投げで、カレイ類(イシモチガレイ)アブラコを狙う。

 夜釣りなどでは、たまにアナゴも釣れる。

 ここら一帯は砂地なので根掛かりはしづらい。

>主な魚種

・イシモチガレイ

・アブラコ

・アナゴ

>参考画像↓

 東防波堤と先端付近

f:id:hateburoponnpu:20180726104428j:plainf:id:hateburoponnpu:20180726104507j:plain

 

・北防波堤(Ⓑ)

 北防波堤は港内から行けるが、こちらも、車では入れないので、徒歩移動になる。

 先端まで行くと、船道へのチョイ投げで、東防波堤のように、イシモチガレイ、アブラコ、アナゴなどを狙う。

 本来はポイント的には、外海側へ、投げ釣りをしたいが、胸壁が意外に高いのでやりづらいのが残念だ。

>主な魚種

・イシモチガレイ

・アブラコ

・アナアゴ

>参考画像↓

 北防波堤入り口と先端付近

f:id:hateburoponnpu:20180726104955j:plainf:id:hateburoponnpu:20180726105036j:plain

 

・港内(Ⓒ)

 港内の釣りのできるポイントは少ないが、旧南茅部エリアや鹿部町付近でチカが釣れない場合、ここにいる事があり、その場合は、ここがチカの穴場になる事があるので意外に油断できない。

>主な魚種

 チカ

>参考画像↓

 港内一帯

f:id:hateburoponnpu:20180726105325j:plainf:id:hateburoponnpu:20180726105401j:plain

 

 

 画像の情報が古い場合がありますが、あくまでも、参考程度にお考えください。

 個人を特定できそうな画像は極力、部分加工しています。

 

◆個人的釣港総評◆

釣りやすさ

★★

期待度

★★★★

オススメ度

★★

 

 場所の分かりづらさや、メインの東防波堤先端までの距離など、釣り場の環境からいえば快適とはいえないが、何度か立ち寄った時には、釣り人達が、釣果をあげている様子を見たことが結構あるので、穴場的な期待度は高い可能性がある。

 港内にトイレなどはなく、本別(出来澗)漁港を出ても、先は無く行き止まりなので、帰るときや他の漁港に行くときは、再度278号線に入る事になる。

 穴場での釣りを楽しみたい人にはオススメだ。

 

 総評はあくまでの個人の感想ですのでご了承ください。