釣りクマ

主に道南エリアの釣り場を紹介します。

道南釣港案内【松前港①】

桜と歴史の町、松前の大型港

・所在地(所在地は正確ではなく、だいたいの位置である事もありますがご容赦ください)

 〒049-1502 北海道松前郡松前町弁天

 

f:id:hateburoponnpu:20180719032131j:plain

 

 松前は、道南でも松前城など歴史のあるものが多く、保存食の「松前漬け」は全国的にも有名な食べ物で、昨年には、北朝鮮の漁船問題が、世間を騒がした時に被害をうけた地域として記憶に残っている人も多いだろう。

 松前町エリアは、市町村合併の影響もあり、とても広く、函館なみに、漁港がある。

 そのため、同じ松前町エリアでも、20キロ以上離れている漁港もある。

 そんな松前の名前を冠した中心的な港が、この松前港

 弁天島を利用して作られた大きな漁港で、釣り場としても人気のある港だ。

 

 

釣り場のポイントは下記の見取り図で確認しよう。(赤い矢印は、入投ポイント)

 松前港見取り図

f:id:hateburoponnpu:20180707124203j:plain

 

・漁業施設前付近(Ⓐ)

 秋頃には、お手軽にホッケが釣れ、他にはカレイ類(マコガレイ)が狙え、車の横止め可能な、手軽な釣り場。

 ただし、遠投で奥に投げると根掛かりするので注意。 

>主な魚種

 ホッケ、カレイ類(マコガレイなど~)

>参考画像↓

 松前港漁業施設前一帯①

f:id:hateburoponnpu:20180707131358j:plainf:id:hateburoponnpu:20180707131441j:plain

松前港漁業施設前一帯②

f:id:hateburoponnpu:20180707131601j:plainf:id:hateburoponnpu:20180707131649j:plain

 

・港内突起部分(Ⓑ)

 夜釣りなどで、港内に入ってきたマコガレイを狙えるポイント。

 主に船道から、港内側あたりに垂らし投げちょい投げ、中投げして、探ってみるといい。

 木古内~松前付近は、良質なマコガレイが獲れる事で有名なので、質、型と期待できる。

 他にも港内のマコガレイ釣りは夜釣りが有効で、一部からは「夜マコ」と呼ばれているらしいので、突起部分がとられている場合は、港内の他の所を色々な投げ方で、探ってみよう。

 松前港はとても広い港なので、釣りのスペースを見つけるのは難しくないが、日中は漁業関係者の作業などもあり、邪魔になりがちなので、夕方~夜からなら、好きに釣りができるので、オススメだ。

 車の横止めができて、ロッドを三脚などに置いて、ノンビリとアタリが来るまで、車待機できるのも魅力だ。

 

>主な魚種

 カレイ類(マコガレイ~)

>参考画像↓

 好ポイントの港内突堤

f:id:hateburoponnpu:20180707131827j:plain

突堤(左)と(右)付近

f:id:hateburoponnpu:20180707131922j:plainf:id:hateburoponnpu:20180707131950j:plain

 

 

 画像の情報が古い場合がありますが、あくまでも、参考程度にお考えください。

 個人を特定できそうな画像は極力、部分加工しています。

 

◆個人的釣港総評◆

釣りやすさ

★★★★★

期待度

★★★

オススメ度

★★★★

 

 港内の釣りは夜釣りがおすすめで、良質なマコガレイを手軽に狙えるのが魅力だが、日中は期待度がさがり、ほぼ、マコガレイ狙いになるので、他の魚種を狙いたいので、あるなら、弁天島付近(釣港案内【松前港②】)の記事の方が参考にしよう。

 松前町エリアは良い釣り場が多数あるが、車の横止めできて、簡単に投げ釣りできポイントが多いのは、この松前港だけだ。

 ちなみに、港内右側のゴロタ場は、アブラコなど根魚が狙えるポイントであったが、港内付近が、現在工事中の影響で、資材や大型重機、工事関係者の車が多く止まっていて、行きづらいので、工事終了までは、我慢しよう。

 

 総評はあくまでの個人の感想ですのでご了承ください。