釣りクマ

主に道南エリアの釣り場を紹介します。

道南釣港案内【大中漁港】

長万部ドライブスルーエリアの裏側にある漁港

・所在地(所在地は正確ではなく、だいたいの位置である事もありますがご容赦ください)

  〒049-3511 北海道山越郡 長万部町大浜

 

f:id:hateburoponnpu:20180803180650j:plain

 

 国縫漁港から国道五号線を進み、長万部のドライブスルー店(おもに名物のカニメシなどを提供する)が立ち並ぶをエリアの丁度裏にある漁港で、五号線を走っていると、見えないので、見逃しがちだが、国縫漁港に続き良型のカレイが釣れる釣り場でもある。

 港内のポイントは、国縫漁港に似ている。

 

釣り場のポイントは下記の見取り図で確認しよう。(赤い矢印は、入投ポイント)

 大中漁港見取り図

f:id:hateburoponnpu:20180803181204p:plain

 

・東防波堤(Ⓐ)

 東防波堤までは、距離があるが、途中で車止めがあり、車で入る事はできないので、徒歩で移動する事になる。

 長万部の漁港はギリギリ車で入れるため、途中で道が狭くなったりして、車で、入ると逆に転落事故などの、トラブルあるため、車止めなのが置かれているところが多い。

 狙いのポイントは先端の白燈台からの投げ釣りだが、先端からの投げ釣りは、消波ブロック越しで、遠投向きのため、取り込みなどを手軽にやりたい場合は、高台手前にある突堤からの投げ釣りでも良い。取り込みが楽なので、手軽にやりたい人は、そちらがおすすめ。

 漁港一帯は砂地なので根掛かりしづらいのは助かる。

 ここでは釣れる魚種はカレイ類(砂ガレイ、イシモチガレイ、マガレイ)と、国縫に続き、数、質ともに良質なカレイが狙える。

>主な魚種

・カレイ類(砂ガレイ、イシモチガレイ、マガレイ)

>参考画像↓

 東防波堤入り口と車止め

f:id:hateburoponnpu:20180803182237j:plainf:id:hateburoponnpu:20180803182307j:plain

東防波堤の突堤とその先端

f:id:hateburoponnpu:20180803182446j:plainf:id:hateburoponnpu:20180803182520j:plain

高台前と先端(白燈台)

f:id:hateburoponnpu:20180803182623j:plainf:id:hateburoponnpu:20180803182652j:plain

 

・北防波堤(Ⓑ)

 北防波堤は車では入れないが、東防波堤に比べると、距離が短く、消波ブロックなどもないので、胸壁や先端エリアからのチョイ投げで気軽にカレイが狙える人気のポイントで釣り人も多い。

 国縫と同じく、消波ブロックがないので、チョイ投げ、中投げの他にも、垂らす程度でも簡単に釣りができるので、ライトユーザーには特におすすめ。

 このポイントは国縫漁港に似ているが、国縫のように腰態度高さの、低い胸壁はないので、先端付近は三脚などに竿置きが必要。

 位置的にカレイ類の中では砂ガレイがよく釣れる。

>主な魚種

カレイ類(砂ガレイ、イシモチガレイ、マガレイ)

>参考画像↓

 北防波堤入り口と先端の高台前

f:id:hateburoponnpu:20180803183500j:plainf:id:hateburoponnpu:20180803183528j:plain

先端付近

f:id:hateburoponnpu:20180803183714j:plain

国縫のように大中もここが人気のポイントだ。

f:id:hateburoponnpu:20180803183801j:plain

 

 

・港内突堤(Ⓒ)

 ここもカレイ釣りがメインになるが、秋頃になると、大型のチカが港内に入ってくるので、チカがいるようなら、サビキ釣りも有効。

 チカの良いポイントは港内突堤付近だ。

>主な魚種

・チカ

>参考画像↓

 港内突堤

f:id:hateburoponnpu:20180803183949j:plain

 

 

 画像の情報が古い場合がありますが、あくまでも、参考程度にお考えください。

 個人を特定できそうな画像は極力、部分加工しています。

 

◆個人的釣港総評◆

釣りやすさ

★★★

期待度

★★★★

オススメ度

★★★★

 

 蟹で有名な長万部だが、長万部は全体的にカレイの良釣り場が多く、ここも国縫に続きカレイが狙える。

 ただし、国縫に比べると多少釣果にはムラがあるように思えるが、ドライブスルー店やガソリンスタンド、コンビニ、お土産屋が立ち並ぶエリアの近くなので、位置的には長万部エリアで一番便利なエリアにある漁港なので、国縫漁港の具合を見ながらここに来ても良いだろう。

 

 総評はあくまでの個人の感想ですのでご了承ください。